• HAYAMI

HAYAMIの草ストローが「ソーシャルプロダクツ・アワード2021」にて、ソーシャルプロダクツ賞を受賞

合同会社HAYAMI(本社:神奈川県相模原市、代表:大久保夏斗)の「HAYAMIの草ストロー」が、一般社団法人ソーシャルプロダクツ普及推進協会(所在地:東京都中央区、会長:江口泰広)が主催する「ソーシャルプロダクツ・アワード2021」において、ソーシャルプロダクツ賞を受賞いたしました。


「HAYAMIの草ストロー」は、無農薬・保存料不使用・無添加の完全自然由来の生分解性ストローです。 そのため、プラスチックゴミを削減し地球に優しいだけでなく、人間にも優しい製品になっております。また、原材料のレピロニアは、ベトナム・ホーチミン郊外の農村地帯で栽培されており、ベトナムの農村地帯の雇用創出にも繋がっています。このような、環境保護や発展途上国の農村支援に繋がる製品の社会貢献性を評価していただきました。




ソーシャルプロダクツとは

「エコ(環境配慮) 」や「オーガニック」、「フェアトレード」、「寄付つき」、「地域や伝統に根差したもの」など、人や地球にやさしい商品・サービスの総称で、 購入者が持続可能な社会づくりに関する行動や団体とつながることができるものをいいます。 http://www.apsp.or.jp/socialproducts/

  • ソーシャルプロダクツ・アワード (SPA)とは

SPAは、ソーシャルプロダクツの普及・推進を通して、持続可能な社会を実現することを目的にした、 日本で初めての、そして唯一の、ソーシャルプロダクツを表彰する制度です。 優れたソーシャルプロダクツの情報を生活者に広く提供するとともに、 ソーシャルプロダクツを通して持続可能な社会づくりに取り組んでいる企業、団体を応援します。 https://www.apsp.or.jp/socialproductsaward/

  • 審査員評価

「オーガニックで生分解性の高い草ストローの販売を通して、プラスチックごみの削減、現地の農業支援、草ストローを中心とした循環型サイクルの促進など、多方面から持続可能な社会の実現に寄与するプロダクツである。編み物の原料であるレピロニアの余剰生産を活用し、フェアトレードと同様の仕組みで事業展開も行っている点も独自の視点と言える。導入店舗数の飛躍的な伸びにも勢いを感じ、若手起業家の熱意と感性に溢れた取り組みとして評価したい。地元自治体と協同した活動の更なる広がりと、商品の背景・ストーリーなどの情報発信の充実に期待が高まる。」

  • 展示販売会のご案内

<第一期>

場所:大丸東京店 9階「イベントスペース」

     〒100-6701 東京都千代田区丸の内1-9-1

日時:2021年2月24日(水)~2021年3月2日(火)

     10時~20時(営業時間は変更する場合があります。最新の情報は大丸東京店ウェブサイトでご確認ください。)


<第二期>

場所:丸井錦糸町店 3階「イベントスペース」

    〒130-0022 東京都墨田区江東橋3丁目9-10

日時:2021年3月5日(金)~2021年3月14日(日)

     10時30分~20時(営業時間は変更する場合があります。最新の情報は丸井錦糸町店ウェブサイトでご確認ください。)

  • 草ストローについて

合同会社HAYAMIが販売する「HAYAMIの草ストロー」は、東南アジアに生息するカヤツリグサ科のレピロニアと呼ばれる植物を原料としています。無添加・無農薬・保存料不使用の完全自然由来の製品のため使用後は道端の草木と同じように分解され自然に還すことができます。循環型サイクルの構築の観点から、使用後は家畜のエサや肥料、ヒンメリの製作などの活用方法が期待されています。また、草ストローはホーチミン郊外の農村地帯で製造されており、仕事が減少する農村地帯での雇用創出にも繋がっています。今後は、東京農業大学の学生という代表のバックグラウンドも生かして、現地の農村支援NGOとも協力しながら農村支援も行っていく予定です。

16回の閲覧0件のコメント

Copyright ©HAYAMI, Inc. All rights reserved.